情報詳細

Detail

ワンポイント情報

Vol.002 ワンポイント情報「生命保険金等の非課税」

2019年01月28日

民法では「死亡保険金」は相続財産には含まれません。

しかし相続税法においては死亡保険金は「みなし相続財産」とされています。

被相続人の死亡により、相続人が死亡保険金を受け取ると、
「相続により取得したもの」とみなされ、相続税の課税対象となります。(相続税法第3条)

しかし、この死亡保険金には「非課税枠」があり、

500万円×法定相続人の数までは相続税がかかりません!

被相続人の死亡により生命保険金2,000万円が支払われた。
相続人が配偶者と子3人の合計4人である。
この場合
500万円×4人=2,000万円なので、
死亡保険金に対しては相続税がかかりません!

この非課税枠が余っていて、現金に余裕がある場合、
一時払終身保険に入ることにより節税になります。

図のように、定期預金にしておけば相続税の対象になりますが、
保険金として払い込んでしまえば相続税の対象になりません。

相続対策は、
「節税対策」と「納税資金確保」の2つの視点から検討する必要があります。
相続対策のご相談は中山会計事務所までお問い合わせください。

お問合わせ

電話又は郵送の場合

中山会計事務所
〒359-1146 埼玉県所沢市小手指南3-35-1
TEL:04-2949-5000 / FAX:04-2949-3416
受付時間 :平日(土日祝日を除く)9:00~17:00
(年末年始、祝日、当事務所が別途定める休日を除く)

メールの場合

お問合わせは以下のボタンからご連絡下さい。